清春「たったひとり」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 清春 > たったひとり

たったひとり / 清春

「たったひとり」歌詞

歌手:清春
作詞:清春
作曲:清春


美しい夜明けが僕を待っているんだ
狂おしい夜明けが今日も待っているんだ

そうさ、君の涙もそうじゃない顔も

美しい夜明けが僕を待っているのか
狂おしい夜明けは今日も待っているのかな

吐息かけたくちなし、ならば無い筈で

たった一人、生涯をかけて愛した君を
守れるかな?生涯をかけて愛した代わりに

美しい朝焼けが僕を、心を洗うんだ
狂おしい夜明けが君を待っているのかな?

キスをしても抱いても止まらないであろう
そうさ君の涙よ、そうじゃないからね

たった一人、生涯をかけて愛した君は
満ちてるかな?笑えるかな?僕が愛した事で
たった一人、生涯をかけて愛した君を
守れるかな?満たせるかな?僕が愛した代わりに

さよなら僕の、僕の終わり
さよなら僕の、僕の終わりさ


アルバム「madrigal of decadence」収録曲


清春の歌詞ランキング

清春の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.