徳永英明「透徹の空」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 徳永英明 > 透徹の空 歌詞

透徹の空 / 徳永英明
Amazonで見る

「透徹の空」歌詞

歌手:徳永英明
作詞:徳永英明
作曲:徳永英明


あなたが私にくれた青いダイアリー
すれ違いの生活の中を繋いだ唯一のもの
記憶を辿ればあなたの笑顔を知らない
綴られているだけの私をあなたも知っていただけ
 
遠くても触れたかったあなたの声と気持ちに
日記を開いて見せたあなたの悪口書いて
 
叱られながら綴った日記、涙で文字が滲んだ
壁の向こうのあなたの気配が
小さくなってゆく、途切れたままになる
でも、幸せだった
 
私はいつでもあなたを見上げていた
ときには叱り正してくれたあなたは透徹の空
 
手をつないだ夜の道あなたがふと口にした
おまえの人生だけどおまえだけのものじゃない
 
叱られながら綴った日記、涙で文字が滲んだ
壁の向こうのあなたの気配が
小さくなってゆく、途切れたままになる
でも、幸せだった
 
叱られながら見上げた空に、ひとつの星が流れた
私の中のくすぶる想いが
小さくなってゆく、遠くへ消えてゆく
ああ、幸せだった
 
いつかはあなたとさよならする日は来る
ときには叱り正してくれた私の透徹の空

映画「銀色の雨」主題歌
アルバム「WE ALL」収録曲


徳永英明の人気ランキング

徳永英明の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.