レミオロメン「青春の光」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > レミオロメン > 青春の光 歌詞

青春の光 / レミオロメン
Amazonで見る

「青春の光」歌詞

歌手:レミオロメン
作詞:藤巻亮太
作曲:藤巻亮太


ギラギラと都会の喧噪 歩くと
砂漠のよう 水が欲しくなる
さっきまで忘れたのに君が恋しくなったりして
慣れ合った暮らしの解釈も都合良くなって
 
ここは何処で 俺は誰だ
何が見えて何が見えない
忘れたのかい 忘れたふりして
夏の太陽に汗を奪われて
青春の光よ 今こそ輝け
 
ゆらゆらと蜃気楼の社会 歩くと
正しさの方角も滲む
理論武装しても心なしじゃ決めきれない
捻り出した答えで未来の輝きはあるか
 
夢はどこで輝いてる
叶える旅は誰のものだよ
見えないのかい 見えない振りして
夏の太陽に肌を焦がされて
青春の光が消えそうに揺れてる
 
風の中をどこまで行く
何が見えて何が見えない
忘れたのかい 忘れたふりして
夏の太陽に汗を奪われて
青春の光よ 今こそ輝け

アルバム「風のクロマ」収録曲


レミオロメンの人気ランキング

レミオロメンの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.