冠二郎「浪花酔虎伝」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 冠二郎 > 浪花酔虎伝

浪花酔虎伝

歌手:冠二郎
作詞:三浦康照
作曲:水森英夫

のれんくぐれば 道頓堀の
呑んべェ横丁に 灯(ひ)がともる
今夜も一杯 また一杯と
はしご酒だよ 飲むだけ飲んで
明日(あす)もやるぞと 通天閣を
仰ぐ男の 浪花酔虎伝

夜の大阪 心斎橋の
風を往(い)なして ちどり足
三吉小春の 気分じゃないが
惚れたお前の 肩抱きよせて
歩く姿は 王将気取り
夫婦(めおと)酒だよ 浪花酔虎伝

どうせこの世は 成るよにゃ成らぬ
酔ってぶらりと 御堂筋
ミナミへ行こうか それとも新地
足が向くのは なじみの酒場
意気が溶け合う 仲間と飲んで
男一代 浪花酔虎伝

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

冠二郎の人気歌詞

冠二郎の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.