冠二郎「さみだれ」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 冠二郎 > さみだれ

冠二郎「さみだれ」のジャケット画像

さみだれ

歌手:冠二郎
作詞:三浦康照
作曲:山口ひろし

さみだれに 紫陽花(あじさい)が
濡れてさみしい 石畳
ふたりでさした 相合傘の
落ちるしずくで 黒髪が
乱れた頬を この俺の
肩に埋めた お前はいない

古傷を お互いに
癒(い)やすふたりに なろうよと
一年前に 交した言葉
そんなお前が 好きだった
さみだれだけが 思い出を
胸に炎やして 無情に降るよ

離れゆく ふたりなら
なんで逢わせた あの女(ひと)に
運命に負けて 悔(く)やんでみても
俺につくした ひとときの
お前の愛と 眞心は
消えやしないよ さみだれ慕情

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

冠二郎の人気歌詞

冠二郎の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.