清春「空」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 清春 > 空

空 / 清春

「空」歌詞

歌手:清春
作詞:清春
作曲:清春

だけど僕が見た 星空は
君が言うより 冷酷で

触れられそうな 宝石を
探してベランダに 立ってる

新しい過去は 繰り返す目覚め
恐いほど高く 手が届く夜

そして僕らは空に憧れを
時折、両腕に羽ばたきを描いてる
いつか僕らは空へ飛び降りて
指折り数え 歌 いくつ歌うだろう?

だけど僕が見た 現実は
背中に刺さる ナイフを

傷は塞がり羽になる?
優しく身体を引き上げる?

次に居る場所は 想像以上で
君が言う通り 鮮やかでしょう

そして僕らは空に憧れを
星座で溢れてる闇夜に羽ばたきを
そして僕らは強く憧れを
望んだ心を祝う様に華よ咲いて


アルバム「light 〜saw the light and shade〜」収録曲


清春の歌詞ランキング

清春の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.