水田竜子「紅花の宿」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 水田竜子 > 紅花の宿 歌詞

紅花の宿

歌手:水田竜子
作詞:水木れいじ
作曲:水森英夫


愛しながらも 別れた人の
想い出捨てる 旅でした
吊(つ)り橋(ばし)渡って 十二(じゅうに)の滝で
みれん流した はずなのに...
なんであなたの 苗字で泊る
酒田みちのく 紅花(べにばな)の宿

格子窓には 鳥海山(ちょうかいさん)の
根雪に淡い 遠灯り
芭蕉(ばしょう)の細道 蛇の目の傘で
肩を抱かれた 倖せが...
酔えば手酌の お酒にゆれて
こころさみだれ 紅花の宿

泣いてあの日に 戻れるならば
なみだで越える 六十里越(ろくじゅうり)
風持ち潮待ち 北前船の
古い港で 明日(あす)を持つ...
女心に 春呼ぶような
霧笛ひと声 紅花の宿

「紅花の宿」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

水田竜子の人気歌詞

1 桂浜哀歌黒潮育ちの 負けん気もヨー 恋に溺れりゃ 泣きもする
2 奥志摩の宿しぶき舞い散る 鴎がさわぐ 泣けとばかりに
3 北山崎雪と波が ぶつかりあって 女ごころに つきささる
4 角館哀歌恋の残り火 雪で消し 桜の頃には 忘れたい
5 紅花の宿愛しながらも 別れた人の 想い出捨てる 旅でした
6 風の宿真野(まの)の夕焼け 涙を染めて あなた恋しい 日本海
7 伊根の舟屋壁の日めくり 一枚破り 宿の窓辺で 鶴を折る
8 霧の土讃線旅の出逢いも さだめでしょうか あれは霜月(しもつき)
9 女の色気はないけれど世間のすみで 慎ましく 生きてきました 昨日まで
10 別府航路だったら どうして 抱いたのよ お酒のせいとは
水田竜子の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWPUSH
ジャニーズWEST

♪Yeah, we goin' like Push it ba
NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.