水田竜子「紅花の宿」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 水田竜子 > 紅花の宿 歌詞

「紅花の宿」歌詞

歌手:水田竜子
作詞:水木れいじ
作曲:水森英夫


愛しながらも 別れた人の
想い出捨てる 旅でした
吊(つ)り橋(ばし)渡って 十二(じゅうに)の滝で
みれん流した はずなのに...
なんであなたの 苗字で泊る
酒田みちのく 紅花(べにばな)の宿

格子窓には 鳥海山(ちょうかいさん)の
根雪に淡い 遠灯り
芭蕉(ばしょう)の細道 蛇の目の傘で
肩を抱かれた 倖せが...
酔えば手酌の お酒にゆれて
こころさみだれ 紅花の宿

泣いてあの日に 戻れるならば
なみだで越える 六十里越(ろくじゅうり)
風持ち潮待ち 北前船の
古い港で 明日(あす)を持つ...
女心に 春呼ぶような
霧笛ひと声 紅花の宿


水田竜子の歌詞ランキング

水田竜子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes
amazon検索

リアルタイムランキング(8:46更新)

1 かなりや童謡
2 ウルリルラリラリなにわ男子(高橋恭平・長尾謙杜・大橋和也)
3 Dragon Soul谷本貴義
4 RED CLIFF 〜心・戦〜alan
5 EVERYBODY (CK PEAS ver.)C&K
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.