夜桜迷い子 歌詞 / 伍代夏子

歌詞ナビ 無料歌詞検索サイト
歌詞ナビTOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 伍代夏子 > 夜桜迷い子

夜桜迷い子

歌手:伍代夏子
作詞:吉岡治
作曲:弦哲也


提灯の紅あかり
浮きたつ桜に 誰を待つ
ちらちらと散るでなく
花冷えしたまま咲くでなく
夜桜迷い子 闇ん中
大勢いたって 賑やかし

夜桜迷い子 逢いたいよ あんた
花の盛りのその最中(さなか)
有無をいわさず 抱きしめて

見上げればなみだ目で
淋しく傘さす おぼろ月
くらくらと酔うほどに
明日もなおさら 行き暮れる
夜桜迷い子 愚痴っぽく
いまさら未練の 賑やかし

夜桜迷い子 もう一度 あんた
夢のつづきがあるのなら
桜散るまに 話してよ

夜桜迷い子 逢いたいよ あんた
花の盛りのその最中(さなか)
有無をいわさず 抱きしめて


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

伍代夏子の人気ランキング

1 秘め歌心のなかで 死なせた恋を 弱いお
2 夢待ち港汽笛がひとつ 鳴るたびに お酒注
3 ふたり坂ひとりは冷たい この世でも 寄り
4 浮世坂四角四面の 世間と言うが 胸突き
5 金木犀路地にこぼれる 金木犀の 香りに
6 夜桜迷い子提灯の紅あかり 浮きたつ桜に 誰
7 ひとりでは漕げない 沖も見えな
8 京都二年坂しょせん女は 裏方さんや 男はん
9 夜明け坂凍る根雪(ねゆき)の その下で 私
10 忍ぶ雨人目にふれる 花よりも 影で寄り
伍代夏子の人気一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)
ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.