ジャパハリネット「星霜のさくら」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ジャパハリネット > 星霜のさくら 歌詞

「星霜のさくら」歌詞

歌手:ジャパハリネット
作詞:鹿島公行
作曲:鹿島公行

遠くへ行こうと決めたその日から ずっと走り続けて
気がつけばどこか遠い場所にいたよ きっと独りぼっちだ

隠したナイフを握りしめたままで ずっと夢を見ていた
焦っては恐れて見失っていた きっと、僕じゃなかった

いつからか難しくなった 夢も人も未来も
いつからか心の底には 過ぎてゆく様だけがある

眠れないあの夜を 僕は忘れはしない
眠れないあの夜を 僕は忘れはしない

都会の街へ出てなにかを探してる ずっと期待していた
草木が薫る田舎の街の方が もっと何でもあった

いつからか難しくなった 夢も人も未来も
いつからか心の底には 過ぎてゆく様だけがある

眠れないあの夜を 僕は忘れはしない
眠れないあの夜を 僕は忘れはしない

何処まで行けば 何処まで歩けば
終わりなどは 無いのかもしれない
それでもどうして 繰り返し望んで
不完全でも 夢も未来も歩きだす

眠れないあの夜を越えて
眠れないあの夜が 千を数えてまた歩きだす

眠れないあの夜に 桜の花咲き誇る
越えてゆくあの夜に 桜の花儚く散った

眠れないあの夜に 桜の花咲き誇る
越えてゆくあの夜に 桜の花儚く散った


ジャパハリネットの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.