アンティーカ「秋の終わり、僕の記憶」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > アンティーカ > 秋の終わり、僕の記憶 歌詞

秋の終わり、僕の記憶 / アンティーカ
amazon検索

「秋の終わり、僕の記憶」歌詞

歌手:アンティーカ
作詞:真崎エリカ
作曲:ArmySlick・Giz'Mo(from Jam9)

冷たい秋風頬を撫でて去ってゆく
この世に平等などないと教えるかのよう

愛が救いだすものなんて
綺麗事だけだと言って
どうしようもないこの感情すべて
消して

You and I
交わらぬまま片割れのまま
生き抜けばよかったのか
You and I
瞳交わせば走る痛みが
二人を苛んでゆく ah
これを恋と呼ぶのならばなんて
残酷で眩しい…想いか

街ゆく馬車へと傅く僕の前
車窓から憂いの目
君は通り過ぎる

そんな関係だったのになんで
宵に紛れ手を繋いだ
滲み出すその表情すべて
欲して

You and I
絶望のなかそう君となら
呼吸を繋ぎ合えた
You and I
でも分かっていた未来の扉
決して開かないこと ah
これを恋と呼ぶのならばなんて
切なくて眩しい…想いか

世界は理不尽で塗れ
今日も回り続ける
例えば輝きが尽きてゆく瞬間を選べないように

You and I
交わらぬまま片割れのまま
生き抜けばよかったのか
You and I
瞳交わせば涙の君が
愛の言葉溢した ah
じわり迫る終わりが近づいて
生まれ落ちて初めて腑に落ちた
これを恋と呼ぶのならばなんて
幸せで眩しい…想いだ


アンティーカの歌詞ランキング

アンティーカの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(16:55更新)

1 メメント・モリ大森元貴
2 運命ちゃんいきものがかり
3 あの日のままのぼくらアクア(雨宮天)、めぐみん(高橋李依)、ダクネス(茅野愛衣)
4 つよがりMr.Children
5 日曜日back number
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.