椎名林檎「いとをかし」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 椎名林檎 > いとをかし 歌詞

いとをかし / 椎名林檎
amazon検索

「いとをかし」歌詞

歌手:椎名林檎
作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎

夕映えにそっと懐えば古里遠い二親の顔父上母上よ会いたい
月並な価値ほどもっと幾らでも分かち合えて嬉しかったろう
きょうは偲んでいます誰そ彼秋 雲が捷い擽ったい
皆が皆等しく満ち足りた場合にやっと心身が寛ぎ幸せを知る
絶世の価値ほどもっと独り占めした途端こう虚しかったろう
きょうは祝っています海よ山よ 命はどうせ美しい
噫澄んでいます真冬は朝 空が大きい柔らかいあの移ろいも
この恥じらいも涙に替えて全部背負い込んで熟そう
仕様がないとは決して考えないし不要不急と言う概念もない
万事便利なだけじゃ勿体ないし風情を重んじたい許して給も
きょうは恋しています彼は誰春 命がずっと透明に
冴えていきます真夏は夜 いまが眩しい焦れったい


アルバム「放生会」収録曲


椎名林檎の歌詞ランキング

1 茫然も自失
2 いとをかし
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(8:22更新)

1 仮面ライダー BLACK RX宮内タカユキ
2 hurrayヤバイTシャツ屋さん
3 にんじゃりばんばんきゃりーぱみゅぱみゅ
4 かたつむりおぐまなみ
5 中山道原田悠里
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.