渓「心地いいからいいんだよ」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > > 心地いいからいいんだよ 歌詞

心地いいからいいんだよ / 渓
amazon検索

「心地いいからいいんだよ」歌詞

歌手:
作詞:渓
作曲:渓

少し薄暗い
おぼろぐもに包まれて
独り立ち、上を眺めていた
もうすぐ雨が降るだろうけど
そんなことはお構いなしに

誰も空を見上げることなく
急かすように肩にぶつかって
勝手に進めようとする

追い抜かれて 追い抜かれても
時間は等しい
今日ゆっくり生きた私も
必死に生きた私も
変わらないなら
歩き出せるまで止まって
この頃 心地いい
この頃 心地いいからいいんだよ

存在証明のために
付き纏ってるGPSに
見捨てられないように
目的がある振りして動き続ける
いっそ私を見失ってください

この際、夕立みたいに振る舞えば良い
もう私はワタシが恥ずかしいんだから
他人の目なんて

追い抜かれた後に広がる
景色を知ってる?
周りにはもう誰もいない
不安にもなるだろうけど
最前線にいた時も同じ景色があったでしょ?
そう、どちらも変わらないようなもの

さよなら、

なら、私が本当にしたいことはなんだろう
次は何をしようか
今日はどんな日にしようか
この頃心地いいから
なんだかいいんだよ
この頃 心地いい
この頃 心地いいからいいんだよ

この頃 心地いい
この頃 心地いいからいいんだよ


渓の歌詞ランキング

渓の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(20:02更新)

1 冬枯れのヴィオラ山内惠介
2 全力☆Summer! (TV size version)angela
3 捨石松山千春
4 世の中薔薇色Berryz工房
5 小さな革命SUPER BEAVER
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.