とうめいのくに「まぼろしいろ」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > とうめいのくに > まぼろしいろ

まぼろしいろ / とうめいのくに
amazonで買う

「まぼろしいろ」歌詞

歌手:とうめいのくに
作詞:naruno
作曲:naruno

あなたが纏う色は今日に相応しく
ただ飾らない脚が空を切る
靴は凛と鳴っている

私はやがて気付くように歩き出す
ただ木漏れ日の陰のほうを歩く
取り澄ます態度で

埋まらない距離を切り捨てる単位で
この道は遠く続いていく
薄情なようにも

あなたが歩く今日の彩度は、私風情に見合わない
笑う顔は如何様に取ればいい、分からないよ
恋のせいと免れたい、謂れなどないのに
やがて遠くなる彩り
狡いままで、まだ居させて

春めく風に十色ぶんの語り草
夏に解らぬ文色
秋半ば色恋は雨予報

季節は巡り、埋まらないでいたい距離
「あなたが纏う色が映えるなら、遠くなっていいから」

下らない嘘で切り捨てる風だけ
鮮やかなジオラマを歩く

私だけなんだ
鈍る頭身、褪せるようだった

あなたの歩く今日の彩度が、ふと照らす眸子
場違いだったのだ、さがない煩いも照らして
「見られないよ」
そうと言えば、瞑る目も良しとするアイロニー
されば追えぬあの彩り
はるか遠くなるまぼろし

不幸も幸も併せて
濁ってぼかす足先
色彩は遠いまま
足はもつれ

踏み出さなければ
それは知らぬままだったはずの
痛い、光

あなたの歩く今日の最期を辿れますように
花束のよう、あなたの彩った世界の
軽いラッピングで構わない
少しでもいいから
それがための、この足取り
拙い色合いでも許して


とうめいのくにの歌詞ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(3:53更新)

1 恋は女の命の華よ丘みどり
海鳴りないて 荒れる夜は 時計の...
2 縁の下の力持ち在日ファンク
どこだどこだどこだ 縁の下って...
3 魔法の言葉豆柴の大群
見守るよいつでも もっとね知っ...
4 愛の讃歌チャラン・ポ・ランタン
あなたの燃える手で 私を抱きし...
5 DESTINATION IS 1969THE BAWDIES
Wear cool clothes to show them...
すべて見る▶

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.