なとり「夜の歯車」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > なとり > 夜の歯車

夜の歯車 / なとり

「夜の歯車」歌詞

歌手:なとり
作詞:なとり
作曲:なとり

幼い頃に見た、夢の話をしようか
触れた指先に残る、ムスクの香り
覚えてもいないこと、忘れてしまったみたいに
ありふれた日々だと、おどけて笑ったみたいに

そばにきて、あなたのための歌を歌おう
時が経ち、ふたりの影も小さくなった

見つめる瞳は、僕を見つめ返すように
今もささやかに、広がり続ける宇宙のように
忘れたくないこと、忘れてしまいたいこと
ありふれた日々でも
あなたを見つめてしまえば

優しさは、時に切なく心を痛めて
それでいて、柔らかなままでいるから

ひどい夢でも、痛みのなかも
あなたとなら、歩いていたいと

そばにきて、あなたのために歌を歌うから
そばにいて、あなたのための歌を聞いて
そばにきて、あなたの歌と夜が眠るまで
時が経ち、ふたりの影も小さくなる
何度でも、僕と同じ朝を生きよう
生きよう、生きよう


アルバム「劇場」収録曲


なとりの歌詞ランキング

なとりの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.