れん「通り雨」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > れん > 通り雨 歌詞

通り雨 / れん
amazon検索

「通り雨」歌詞

歌手:れん
作詞:れん
作曲:れん

通り雨はもう時期止むから
ここで少し待っていよう
「病んでも居たい」そんな言葉は胸で殺したわ

安定感なんてない あなたの態度
降り注いだ赤い血の雨
五感の全て捧げるから
心臓に触れさせて

「会いたい」なんて曖昧な呪文はいらない
あなたを浮かべ鏡をみると 惚ける私
不甲斐ないなんて痛い感情はもういらない
青信号よ 私を攫って

蠱惑的な視線に苛まれて
これでよかったと相対していく
君に恋をしないことができないと気づいたんだ

自由すぎる不自由があると
ひとりの朝が僕に諭した
恋も愛も、執着も全部
君だけに芽生えた

安心なんて できないわ 刹那でさえも
あなたが死ねば 永遠を誓ってそばにいるのに

「会いたい」なんて曖昧な呪文はいらない
あなたを浮かべ鏡をみると 惚ける私
不甲斐ないなんて痛い感情はもういらない
青信号よ 私を攫って

赤信号よ お願い止まって

通り雨はもう止んだからさ
またふたりで帰ろうか
あなたの傘になれたらなと願う夏夜のこと。


れんの歌詞ランキング

れんの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(4:48更新)

1 HEY GIRLSHU-I
2 Good nightYUI
3 Tokyo Calling新しい学校のリーダーズ
4 びわ童謡
5 抱きしめたいThe Birthday
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.