スピッツ「冷たい頬」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > スピッツ > 冷たい頬

「冷たい頬」歌詞

歌手:スピッツ
作詞:草野正宗
作曲:草野正宗


「あなたのことを 深く愛せるかしら」
子供みたいな 光で僕を染める
風に吹かれた君の 冷たい頬に
ふれてみた 小さな午後

あきらめかけた 楽しい架空の日々に
一度きりなら 届きそうな気がしてた
誰も知らないとこへ 流れるままに
じゃれていた 猫のように

ふざけ過ぎて 恋が 幻でも
構わないと いつしか 思っていた
壊れながら 君を 追いかけてく
近づいても 遠くても 知っていた

それが全てで 何もないこと 時のシャワーの中で

夢の粒も すぐに 弾くような
逆上がりの 世界を見ていた
壊れながら 君を 追いかけてく
近づいても 遠くても 知っていた

それが全てで 何もないこと 時のシャワーの中で

さよなら僕の かわいいシロツメクサと
手帳の隅で 眠り続けるストーリー
風に吹かれた君の 冷たい頬に
ふれてみた 小さな午後


アルバム「CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection」収録曲


スピッツの歌詞ランキング

1 アケホノつながっていた 僕らはたぶんいつも
2 讃歌枯れてしまいそうな根の先に
3 めぐりめぐって違う時に違う街で それぞれ生まれて
4 魔法のコトバあふれそうな気持ち 無理やりかくして 今日もまた
5 空も飛べるはず幼い微熱を下げられないまま 神様の影を恐れて
6 未来未来安全に気配って 慎重にふるまって 矛盾を指摘され
7 美しい鰭波音で消されちゃった はっきりと聞かせろって
8 祈りはきっと忘れたくなかった 色々なシーン 小物まで全て
9 優しいあの子重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて
10 ヒビスクス過ちだったのか あいつを裏切った 書き直せない思い出
スピッツの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes
amazon検索

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.