スピッツ「渚」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > スピッツ > 渚 歌詞

「渚」歌詞

歌手:スピッツ
作詞:草野正宗
作曲:草野正宗


ささやく冗談でいつも つながりを信じていた
砂漠が遠く見えそうな時も
 
ぼやけた六等星だけど 思い込みの恋に落ちた
初めてプライドの柵を越えて
 
風のような歌 届けたいよ
野生の残り火抱いて 素足で走れば
 
柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
 
ねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきた
ギリギリ妄想だけで 君と
 
水になって ずっと流れるよ
行きついたその場所が 最期だとしても
 
柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて
 
輝いて… 輝いて…
 
柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで
渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて

グリコ「ポッキー恋物語」CMソング
アルバム「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」収録曲


スピッツの人気ランキング

スピッツの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.