平川地一丁目「ぼくの夏休み」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 平川地一丁目 > ぼくの夏休み 歌詞

「ぼくの夏休み」歌詞

歌手:平川地一丁目
作詞:林直次郎
作曲:林直次郎

夏休みになると セミの声と共に
波の音が 僕を誘う
窓の外から見える 子供達はみんな
こかげを探して 歩いている
サンダルを履かず 裸足のままで
昔と変わらぬ あの場所へ
青い海の中僕たちは 思い出すよ
あの日見つけた 貝殻をもう一度
波にじゃまされても 探し続ける
本当はもうない 貝殻を

小さな木の下に 一人座り込む
吹く風が 僕を癒す
夕日に映る影 誰かを探してる
「暗くなるから」と僕は帰る
夏のにおいが 僕の心を
つまずきそうになるくらい 焦らせる

高い木の上から見える この景色
太陽の光が この町を照らしている
握りしめていた 貝殻は
僕を残して 消えていく

迷い迷った道の中 僕の行方を教えてくれたのは
あの日見つけた 虹色の貝殻だった
何もない夏の景色は 見たくない
汗をかいて いつまでもはしゃいでいたい
輝き続けてた 貝殻は
どこかへ消えて 夏も終わる


アルバム「えんぴつで作る歌」収録曲


平川地一丁目の歌詞ランキング

平川地一丁目の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(18:56更新)

1 ファタールGEMN
2 かげくらべの唄大原ゆい子
3 未完成ランデヴーLezel
4 Hero安室奈美恵
5 鬼ノ宴友成空
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.