TOOBOE「敗北」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > TOOBOE > 敗北 歌詞

敗北 / TOOBOE
amazon検索

「敗北」歌詞

歌手:TOOBOE
作詞:TOOBOE
作曲:TOOBOE

それは敗北よりも尊い 熱い夜だったな

頭の中 ジュクジュクと
煮えたぎった血液が
人熱れ 混乱中の俺に降りかかった!

目の前で悪魔が
無垢を演じたツラして
純情で馬鹿な俺に身体 差し出した!

お気の召すまま 傍若無人
貴方にゃ何時もジーザス
最低な私は どうも虜なんだ

それは敗北よりも尊い 熱い夜だったな
心臓までの距離が二人して近づいてく
「私ちょっと何も知らないけど天才だからさ」
なんて嘯く貴方に私 心拍数が上がっちゃう

雷がズキズキと古傷をかすめて
隠したい記憶さえもフラッシュバックしたんだ
例えるなら聖者+閻魔とファンタジスタ
食い入る私は どうも沼の中

それは純愛とは呼べない 罪と罰だったな
冗談混じり 汗を撒き散らして踊ろうかな
そこにフワッと幻の様に見えたのは現実だ
その刹那がとても悲しく見えてさ

それは敗北よりも尊い 熱い夜だったな
心臓までの距離が二人して近づいてく
「私ちょっと何も知らないけど天才だからさ」
なんて嘯く貴方に私 心拍数が上がっちゃう


TOOBOEの歌詞ランキング

TOOBOEの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(17:01更新)

1 反論映秀。
2 Sweet Love with 光永亮太Tiara
3 Reason山下智久
4 ステラ・ビート中島由貴
5 ウォルトマイアミパーティ
すべて見る▶
ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.