パスピエ「スピカ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > パスピエ > スピカ 歌詞

スピカ / パスピエ
Amazonで見る

「スピカ」歌詞

歌手:パスピエ
作詞:大胡田なつき
作曲:成田ハネダ

同じはずの夜 僕だけが違う
通り過ぎてく 凍りついてる日々がただ鮮やかに雪解けを急かす
 
思い出したのは忘れてたから
 
明日0時発スピカ行きのバスで
キミの手を握った 逃げたくなった
街の灯りで輝くキミの目がとても綺麗だった
本当さ ああ、そのまま
 
同じはずの夜 僕だけが違う
通り過ぎてく 凍りついてる日々がただ鮮やかで
待ち人来らず
 
重ならない影を照らし出すのは
 
明日0時発スピカ行きのバスで
曇りガラスだった 見えなくなった
街の灯りが遠のいて世界がここで今終わった
本当はあの日がまだ
 
ただ憶えていて ずっとここにあったありふれた時間を
ふっと浮かんで消えるような思い出みたいになりたい
 
また後での続きも最後まで聞けなかったな
読みかけの小説 置いたまま
見ていた映画も途中だな
繋ぎ止めていた さよなら
誰にも言わなかった
 
明日0時発スピカ行きのバスで
キミの手を離した時からわかっていた
街の灯りで輝くキミのその目はきっと綺麗だ
たとえそれが違う場所であっても

パスピエの人気ランキング

パスピエの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.