9mm Parabellum Bullet「淡雪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 9mm Parabellum Bullet > 淡雪 歌詞

淡雪 / 9mm Parabellum Bullet
Amazonで見る

「淡雪」歌詞

歌手:9mm Parabellum Bullet
作詞:菅原卓郎
作曲:滝善充

さよなら
今年もまた
桜が咲きはじめて
ぼくらが
出会ったのは
別れの季節だったね

朝の冷たい風
強く頬を撫でて
どこかへと
飛行機雲
まっすぐに伸びた

ふいに 名残惜しむような
冬の匂いに誘われ
フワリ 雪になり降るのは
僕の気持ちでした

さよなら
今年もまた
桜が咲きはじめて
ぼくらが
出会ったのは
別れの季節だったね

駅に続く道で
二人黙り込んで
いつまでも
その隣を
歩いていたかった

だけど 名残惜しむような
冬の匂いも薄れて
シュワリ 雪を溶かしたのが
君の答えだから

さよなら
今年もまた
桜が咲きはじめて
ぼくらが
出会ったのは
別れの季節だったね

さよなら
言えなかった
言葉は雪と消えて
ぼくらを
大人にした
別れの季節だったね


アルバム「TIGHTROPE」収録曲


9mm Parabellum Bulletの人気ランキング

9mm Parabellum Bulletの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.