尾崎豊「愛の消えた街」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 尾崎豊 > 愛の消えた街 歌詞

尾崎豊「愛の消えた街」のCDジャケット
Amazonで見る

愛の消えた街

歌手:

尾崎豊


作詞:尾崎豊
作曲:尾崎豊

道端に倒れた様に眠る人がいるよ
一度は目にするが すぐに目をそらして通りすぎる
誰もが不幸になるかもしれない自分を守り
自分の愛を向けることもバカらしくて出来ない
まぬけな人ごみ

俺もまた先の解らぬ不安の中にいる
今を何とか生きる事で 心に余裕もないよ
金もとれない 学生に一体何が出来るのか
どんな奴らも つまりは自分の将来以外
どうでもいいと思うはずさ

愛の消えた街さ 昔からそうなのだろうか
それがあたりまえと言うには俺はまだ若すぎる
見つけたい 見つけたい 愛の光を

愛という言葉をたやすく口にするのを嫌うのも
一体何が愛なのか それは誰にも解らないから
男と女 心より躰で慰めあい
心を探して迷い道迷い込んで倒れるのが
見えるだろう

二人もまた先の解らぬ不安の中にいる
愛を誓い守る事が全てだと信じて
子供も産めない世の中の解らぬ二人に
いったいどんな愛が 育てられるとゆうのか
Oh! 今ここに

愛の消えた街さ 昔からそうなのだろうか
それがあたりまえと言うには俺はまだ若すぎる
見つけたい 見つけたい 愛の光を
信じたい 信じたい 愛の光を

アルバム「十七歳の地図」収録曲


「愛の消えた街」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

尾崎豊の人気歌詞

1 Forget-me-not小さな朝の光は 疲れて眠る愛にこぼれて
2 Freeze Moonキャデラック・メイン・アベニューでは
3 風の迷路行き交う人波の中 思い描く全てに 壊れそうな心を
4 僕が僕であるために心すれちがう悲しい生き様に ため息もらしていた
5 ドーナツ・ショップあの頃 僕が見ていた ガード・レール越しの黄昏
6 紙切れとバイブル土曜日の夜 口に頬ばる UP and DOWN
7 ロザーナ心傷む理由のそのひとつひとつを
8 LIFE時を削る部屋で 心を溶かした 渇いていたけれど
9 置き去りの愛夕暮れが落とす影 枯木を揺らす風 遠く離れた君の事
10 OH MY LITTLE GIRLこんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく
尾崎豊の歌詞一覧を見る▶

関連人気歌詞

こぎつね
童謡

♪こぎつねコンコン 山の中 山の中
かなりや
童謡

♪歌を忘れた カナリヤは うしろの
一月一日
童謡

♪年のはじめの ためしとて 終わり
月の沙漠
童謡

♪月の砂漠を はるばると 旅のらく
冬景色
童謡

♪佐霧(さぎり)消ゆる 湊江(みなと
うぐいす
童謡

♪梅のこえだで うぐいすは 春が来
だいこくさま
童謡

♪おおきな袋を 肩にかけ だいこく
野菊
童謡

♪遠い山から 吹いて来る 小寒い風
村まつり
童謡

♪村の鎮守(ちんじゅ)の 神様の 今
紅 / X JAPAN

X JAPAN

♪I could not look back, you'd g
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.