THE BACK HORN「夢路」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > THE BACK HORN > 夢路 歌詞

夢路 / THE BACK HORN
Amazonで見る

「夢路」歌詞

歌手:THE BACK HORN
作詞:岡峰光舟
作曲:岡峰光舟

願いは一つ いつもと同じ朝
変わらない町の音 穏やかな日常
 
雨音を聴いては 心に尋ねて
風になびく花に 息吹を重ねて歩いた
 
耳をすませば 小鳥の歌も響く
足早に過ぎ去る 季節の匂いに抱かれ
 
ねえ そばにいて
僕のことを呼んでる声が聞こえる気がするよ
さあ 出掛けよう
そばにいるよ 君のそばにいるよ
愛しい君の
 
涙の先に光る 虹の橋越え
そこは悲しみのない 美しい所なんだって
 
雨音に包まれて
奏でる生命の足音
差し込む眩い光
 
ねえ そばにいて
僕のことを呼んでる声が聞こえる気がするよ
さあ 出掛けよう
そばにいるよ 君のそばにいるよ いつでも
 
夢を見ていた 君の夢を
優しさに誘われ眠ってたんだ
飛び立つ空 僕ら高く
舞い上がり広がる世界 見渡し笑うよ
 
夕焼けに染まる空
またここに帰り来よ

アルバム「アントロギア」収録曲


THE BACK HORNの人気ランキング

THE BACK HORNの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.