odol「三月」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着歌詞 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > odol > 三月 歌詞

三月 / odol
amazon検索

「三月」歌詞

歌手:odol
作詞:ミゾベリョウ
作曲:森山公稀


笑って話して 外は暗くなってしまった
今年は一層早く過ぎて
季節はまた巡って春になるだろう

言葉にできない何気ない疑問符や
目背けたこれから先のことだったりもさ
降りしきる雪がここまで積もったら
そんなことも全て隠せる気がした

大事なこと まだ言えずに
白い息 指の間を
すっと空の中へと溶けていく この言葉と
なくなってしまうもののぶんだけ
形じゃなくて体温を思い出した
もう少し触れていたい

「綺麗なこの街を忘れたくない」って言う君の
君の願いを今はどうか叶えてくれ
代わりに 僕の代わりに

君だけが居ないこと思い描いても
どうしようもなく色のない景色が続いていくのさ
降りしきる雪がここまで積もったら
いつまでも冬のままで居られるのに

この街では
白い雪 明日になったら
もうほどけて元通りになる
熱を奪っていくのに
過ぎ去ってしまう冬の香りに
違う季節をまただんだん思い出した
いつかまた元気で

思い出は指の間を
すっと空の中へと溶けていく あの頃の僕らと
なくなってしまうもののぶんだけ
形じゃなくて体温を思い出した
もう少し触れていたい


アルバム「DISTANCES」収録曲


odolの歌詞ランキング

odolの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(1:20更新)

1 ふるさと
2 いたいの、いたいの、とんでいけ feat. 『ユイカ』, KAFUNEMAISONdes
3 いつか世界が変わるまで飯田里穂
4 モラトリアムBAND-MAID
5 僕らの理由ジャニーズWEST
すべて見る▶
ホーム新着歌詞ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.