優里「ミズキリ」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 優里 > ミズキリ 歌詞

ミズキリ / 優里
Amazonで見る

「ミズキリ」歌詞

歌手:優里
作詞:優里
作曲:優里


恋はどんなことでさえも超えていけると
思える日が来るだなんて思わなくて
住んでる世界が違うのかな
なんて君を遠く感じていた
だけど今 触れる
 
萎れかけた花に熱を与えたの
世界が変わるほどに 奇跡のように
 
あなただけが瞳に映るの
眼を閉じれば傍に居るの
全ての事を超えていくために
ウシロムキは水切りしよう
 
さよならの後 振り返って君が笑う
いつまでそこに居るのなんて思いながら
出来れば帰りたくはないな
なんて君を遠く感じていた
手と手が触れ合う
 
もう二度と誰かのこと
好きになるなんてないと思ってた 間違いだね
 
あなただけが瞳に映るの
眼を閉じれば傍に居るの
全ての事を超えていくために
ウシロムキは水切りしよう
 
そんな眼をしないで 次に会う時の分までキスしよう
戸惑いもすれ違いでも 引き裂けやしないよ
 
あなただけが瞳に映るの
眼を閉じれば傍に居るの
全ての事を超えていくために
ウシロムキは水切りしよう

アルバム「壱」収録曲


優里の人気ランキング

優里の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.