槇原敬之「なんかおりますの」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 槇原敬之 > なんかおりますの 歌詞

なんかおりますの / 槇原敬之
Amazonで見る

「なんかおりますの」歌詞

歌手:槇原敬之
作詞:槇原敬之
作曲:槇原敬之

なんかおりますの
床におりますの
これは一体なんですの
しばらく見ておりますの
でも興味ありますの
気になっちゃいますの
前足を少し出して
ちょっと触ってみますの
 
そしたらそれは慌てて
シュッと逃げて隠れます
隠れてはまた顔を出して
手を出すとまた逃げますの
 
今日は本当に
良いお天気ですの
もう出てこないからそこで
居眠りでもしてますの
 
なんかおりますの
向こうにおりますの
あれはうっすら仲の良い
白い犬ですの
逆に猫はなんとなく
苦手なんですの
どちらかというと
犬の方が好きですの
 
冬の寒い日はいつも
くっついて眠ります
種類で人は分けるけど
大事なのは心ですの
 
そんなことさえも
気が付かないまま
今日もテレビのニュースは
争いで溢れてますの
 
そんなことさえも
気が付かないまま
今日もテレビのニュースは
争いで溢れてますの
 
人間はよくわからない
居眠りでもしてますの

アルバム「宜候」収録曲


槇原敬之の人気ランキング

槇原敬之の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.