山崎まさよし「霧雨」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 山崎まさよし > 霧雨

霧雨 / 山崎まさよし

「霧雨」歌詞

歌手:山崎まさよし
作詞:山崎将義
作曲:山崎将義


窓の外 咽び泣くような霧雨 傘をかざしても 役に立ちそうもない
しばらく止む気配はない

真実を隠す陳腐な言い訳 遅れたままの宅配は届かない
君はどうしているだろう

先回りする妙な噂 にわかに信じ難いのに

さめざめと嘲笑うような霧雨 テレビの映り具合も良くないみたい
置き去りにされた様

とるにたらない約束で その場をやり過ごしている
大事なコトを見落としていそうで

狼狽(うろた)えながら 俯(うつむ)きながら 僕らはきっと 前に進んでるはず
戸惑いながら 憂いながらも やがてやってくる 明日を見つめてる
ため息ついて うんざりしながら 微かに灯る 光を探してる
自由を奪われて 途方に暮れながら 待ち続けてる この霧雨の中

まるで何処かに迷い込んだみたいに 静けさだけが体にまとわりつく
電話の着信もない

何故に間違えたか分からずに どれが正解か選べずに
そろそろ今日が終わりを告げている

闇に迷っても 誰かと逸れても 僕らはずっと この胸に留めてる
寒い荒野に立ち尽くしても いつかの様に 太陽が昇ることを

狼狽(うろた)えながら 俯(うつむ)きながら 僕らはきっと 前に進んでるはず
戸惑いながら 憂いながらも やがてやってくる 明日を見つめてる
ため息ついて うんざりしながら 微かに灯る 光を探してる
自由を奪われて 途方に暮れながら 待ち続けてる この霧雨の中


アルバム「STEREO 3」収録曲


山崎まさよしの歌詞ランキング

1 ぼくのオンリー ワンその変わらない眼差しで心がほどけていく
2 アンダルシアに憧れてアンダルシアに憧れて バラをくわえて踊ってる
3 Hello ヘヴン聴こえてますか そちらはどんな調子だいOVER
4 温かい手鳥のさえずり 空を映す窓 樹々の営み 子犬達の戯れ
5 サイドストーリー誰でも最初は寂しいアウトロー
6 Flame Sign絡まってほつれたその運命が静かに燃えている
7 破線の涙空のすべても知らずに 鳥たちが羽ばたく 同じ時間に
8 Regressionフェイクニュースが駆け巡る中
9 愛にコリータAh 下らないなんて一言で片付けてしまうのは不毛 Ah
10 ロートルボクサー久し振りのギター 手が痛い お決まりのルーティーン
山崎まさよしの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.