優里「飛行船」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 優里 > 飛行船 歌詞

優里「飛行船」の歌詞を収録したCDジャケット画像

飛行船

歌手:優里
作詞:優里
作曲:優里

空に向かう飛行船 眺めていた
僕も絶対に強くなるからと
誓ったあの日に焦りもあるんだ

君を乗せて行くって決めた日から
誰でもなく自分のために
泣いて笑ってきた日々が
分厚い雲 突き破る時が来た

膨らんだこの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

深い青に潜って 探していた
あの日の誓いを 君は覚えている?
叶ったらだとか 迷ったらだとか
未来が果てしなくて きっと

想像以上の 涙も痛みも
こんなに身体を蝕む 最悪な夜も
不器用でも叫ぶ
抱え込む全てを投げ捨てても
あの広い青へ

膨らんだこの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

もう無理だなんて 諦める駄目な性分も
限界を超えて進む度に 燃えて消えた そうさ
小さな身体だ きっと誰よりも臆病だ
燃料が尽きそうな不安も
全部掻き分けるんだ

嵐の中の飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
胸が熱く燃える推進力は
君がくれたから
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
君が諦めそうなときだって

ボロボロの飛行船は
僕らで空に飛ばしたんだ
たどり着くかどうかなんていいんだ
一人にしないさ
身体中駆け巡って
壊れそうでも動かすんだ
僕と君の飛行船だから

止まれないんだ 止められないんだ
止まりたくないんだ

「飛行船」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

優里の人気歌詞

1 ドライフラワー多分、私じゃなくていいね 余裕のない二人だったし
2 かくれんぼ散らかったこの狭い部屋は 孤独と二人息が詰まる
3 ピーターパンいつまで子供のままでいる?そんな言葉がふりかかる
4 インフィニティ蹴とばした石が転がる道 意地っ張りな君 似てる同士
5 桜晴窓に洗濯物が揺れる どこか懐かしい午後は
6 飛行船NEW空に向かう飛行船 眺めていた

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEW怪盗
back number

♪じゃあちょっと目を閉じて 僕の
NEWアカシ
XIIX

♪例え悪魔に正論かざして向かって
NEW一服
東京事変

♪勤勉なあなたいとおしいねそっと
NEWもう少しだけ
YOASOBI

♪もう少しだけ もう少しだけ 踏み
NEW閃光
[Alexandros]

♪Blinding lights are fading out
NEWなないろ
BUMP OF CHICKEN

♪闇雲にでも信じたよ きちんと前
NEWLetter
Hey! Say! JUMP

♪ツライときでも 聞こえる魔法 離
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWGIRL'S GIRL PvP版
ZOC

♪私はいつ完成するのかな とりあ
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.