FINLANDS「Balk」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > FINLANDS > Balk 歌詞

FINLANDS「Balk」の歌詞を収録したCDジャケット画像

Balk

歌手:FINLANDS
作詞:塩入冬湖
作曲:塩入冬湖

触れない暴力を熟して
平然と鮮血望んだ
絶え間ない即席の怒号は
道楽の主張と名乗って

競う愛の規則だけじゃ
わたしはわたしを守れない
安息であろう天国へ行こう
眼前に見える悲鳴は
知らないと言ってさ

今夜 不快だ 世界もお前も
望み通り正義を纏った
ふりして やろうか
わたしの救いは わたしだけが
この手に勇んでいる

演目は涙の目論見
他人事の大体を齧って
様ないが本来の異常と
成りすます神様見抜いて

習う愛の特技だけじゃ
わたしはわたしを守れない
安息であろう天国へ行こう
眼前で見える悲鳴は
要らないと言ってさ

はじまれ大義よ無能な列で
事情の最後一行が真実
誤報にダンスはしたくないさ
ふざけたセンスで
顔隠して気取るのかい

今夜気丈な生命が
終わってしまっても
まだ冗句だと言うかい

今夜 不快な世界を払って
ボークだってさ だからなんだよ
幸も不幸もわたしの救いは
わたしだけがこの手に握って
わたしだけがこの手に勇んでいる

アルバム「FLASH」収録曲


「Balk」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

FINLANDSの人気歌詞

FINLANDSの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.