FINLANDS「HEAT」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > FINLANDS > HEAT 歌詞

FINLANDS「HEAT」の歌詞を収録したCDジャケット画像

HEAT

歌手:FINLANDS
作詞:塩入冬湖
作曲:塩入冬湖

発音が上手くできない夜
息遣いを名前にし
文末がずっと決まらないで
繰り返している

言いかけた後で気付くの
今更二人は言葉には成れないようだ
馬鹿気ていよう

許す度 私の体温 価値を無くして
邪魔になって
揃えた変温あなたに成ったみたいだったな
一思いに出来ない態度
愛になる様を見ていた
肌色さえ見えない盲目の中で

却下した理性 惰性の 爪先の 蠢き
あなたの合図で善悪は逆さまになる

許す度 あなたの体温 はぐれていって
遠くなる
揃えた変温あなたに成ったみたいだったな
一思いに出来ない態度愛になる様を見ていた
肌色さえ見えない盲目の中で

必然のしるしは
裏返った 靴下になって
室外機の音に 声を隠して愛を 逃す
時間を含んだ口の中は水煙をただ吐いて
分解された熱の中じゃ 間に合わない

許す度 私の体温価値を無くして
邪魔になって
揃えて変温あなたに成ったみたいだったな
一思いに出来ない態度
愛になる様を見ていた
こころが 離れていく事は寂しい事だ

アルバム「FLASH」収録曲


「HEAT」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

FINLANDSの人気歌詞

FINLANDSの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.