斉藤和義「シグナル」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 斉藤和義 > シグナル 歌詞

斉藤和義「シグナル」の歌詞を収録したCDジャケット画像

シグナル

歌手:斉藤和義
作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義


あなたのことを 忘れていくよ 好きだったことさえも
話したことも 手の温もりも もう全部忘れちゃったよ
澄みきった空が 広がっているよ 散らかった部屋の向こう
人混みの中 紛れに行くよ 重たいドアを開けて

この街は形を変えていく 取り壊わされてく思い出の景色
風が吹く 雲は流れていく もう二度と戻れない そんな事くらいわかってるよ

いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしたら
何も言わずに 少し目を伏せて すれ違うだけ
その時本当の 夢の終わり知るんだ

心の声に 耳を塞いで 立ち尽くす交差点
信号が青に 進めと言うよ 赤のままでいいのに

今あなたは 何を感じている 想い出すべて消し去ったのかな
風が吹く 雲は流れていく 星空にベールかけ ウエディングドレスで踊らせたり

いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしたら
何も言わずに 少し笑って すれ違うだけ
その時信号が 黄色のまま止まった

いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしても
何も言わずに 少し目を伏せて すれ違うだけ
絡めた指も 濡れた唇も あんなに泣いたことも
忘れていくよ それでいいんだろう それしかないんだろう
その時信号が また青に変わった

アルバム「55 STONES」収録曲


「シグナル」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

斉藤和義の人気歌詞

斉藤和義の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.