松尾雄史「流れ舟」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松尾雄史 > 流れ舟 歌詞

流れ舟 / 松尾雄史
Amazonで見る

「流れ舟」歌詞

歌手:松尾雄史
作詞:菅麻貴子
作曲:水森英夫


川の水面に 浮き沈み
誰が流した 木の葉舟
いのちをひとつに 寄せ合いながら
涙で数えた 冬いくつ
ふたり何処まで 流れ舟
 
夜霧(きり)にまぎれて しのび逢う
恋は運命(さだめ)か また夢か
おまえの小さな その肩先に
行き交う蛍の 薄明かり
揺れて何処まで 流れ舟
 
水にゆらゆら 身を投げて
泣いているよな 木の葉舟
噂を逃れて この世の果てに
暮らせる倖せ あればいい
ふたり何処まで 流れ舟

松尾雄史の人気ランキング

松尾雄史の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.