ぷにぷに電機「さよならの楽園」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > ぷにぷに電機 > さよならの楽園 歌詞

さよならの楽園 / ぷにぷに電機
Amazonで見る

「さよならの楽園」歌詞

歌手:ぷにぷに電機
作詞:ぷにぷに電機
作曲:ぷにぷに電機

微睡むまつ毛の
影をおとしたら
楽園のにおいを、君は纏っている
 
慈しむように
気づかれないように
 
すり減っていく
痛みもなく
誰もが忘れてしまったあの歌みたいに
 
救済なんてさ
君が望むようには
結局僕にはあげられないから
明日はどうにか
あの世界でどうにか
呼吸をしていけるように
 
おやすみを告げて
キスを交わしたら
楽園をなつかしむようにほほ笑んで
 
まばらな光に
そっと寄りかかり
 
重なっている
いくつもの瞳で
上手に嘘をくるんで隠そうとしても
 
表層だってさ
誰も望むようには
取り繕ったりできやしないから
明日もどうにか
この世界をどうにか
愛したりできるように
 
救済なんてさ
君が望むようには
結局僕にはあげられないから
明日もどうにか
この世界でどうにか
呼吸をしていけるように
祈るよ

ぷにぷに電機の人気ランキング

ぷにぷに電機の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.