おかゆ「朝日楼(朝日のあたる家)」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > おかゆ > 朝日楼(朝日のあたる家) 歌詞

朝日楼(朝日のあたる家) / おかゆ
Amazonで見る

「朝日楼(朝日のあたる家)」歌詞

歌手:おかゆ
作詞:浅川マキ
作曲:不詳

あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった
 
愛した男が 帰らなかった
あんとき私は 故郷(くに)を出たのさ
 
汽車に乗って また汽車に乗って
まずしいあたしに 変わりはないが
 
ときどき思うのは ふるさとの
あのプラットホームの 薄暗さ
 
誰か言っとくれ 妹に
こんなになったら おしまいだってね
 
あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった

アルバム「おかゆウタ 〜カバーソングス〜」収録曲


おかゆの人気ランキング

おかゆの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.