空白ごっこ「雨」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 空白ごっこ > 雨 歌詞

空白ごっこ「雨」の歌詞を収録したCDジャケット画像

歌手:空白ごっこ
作詞:セツコ
作曲:針原翼

6月 雨降り 包み込んだ体温に目をつむる
ああ 見失っていた 遠ざかっていた 今日もまた

わたしが壊したものたちを 数え終える日は来ないでしょう
食べ残した罰が転結あたりで殴った 殴った
死んだ魚の目のフリは いかにも得意なんです
なんて ひどいね ごめんね

声が 声が 堰を切ってわたしを鮮明に
色付けんだ 曝け出したって そこにあなたがいるか保証ない
ねえ怖いな 怖いな 引き止めていたはずの感情
止まらなくなったならば もう バイバイです

霞んでいっちゃうあなたに やさしくありたいだけなの
薄めてしまったおもいに やさしくなりたいだけなの
6月 遣らず雨 お構いなしね 帰らないでよ

あなたが愛した世界も いつか壊れてしまうのよ
サナトリウム閑静 汚点際立つし弱った 困った
貧相顔の身のフリは いかにも不得手なんです
なんて うるさいね ごめんね

声が 声が 喉を切ってわたしの全身 晒しだすんだ
隠したいんだって 奥のピュアな期待は疲れたよ
もう来ないで 来ないで 消えかかっていたはずの外傷
膿たまってきたならばもう

あのとき言いたかったのは あの日言えずにいたのは
ずっととかそういうの抜きに 疑いも罪も忘れて
甘いコーヒーと苦いトースト 違和感が本物になっていく

声が 声が 苦し紛れ心に気づいて 行かないでよ
となりにいてよって 口に出すにはもう遅かった
ねえ怖いな 怖いな むき出していたはずの反抗
できなくなったなら わたし もう

雨粒 弾いた音に 影だけ重ねて消したい
だめだと わかっていても やわらかい顔をしていたい
あなたが気づかなくても わたしがわたしになれなくても
何でもない

アルバム「A little bit」収録曲


「雨」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

空白ごっこの人気歌詞

1 なつ最上階段滲む 藍(あい)がベルを鳴らしたって
2 リルビィ小洒落た君は Freak? Look up, Look up
36月 雨降り 包み込んだ体温に目をつむる ああ
4 たぶんにんげん遅ようさん 木偶の坊殿 縁取られた時計の音 お前は僕
5 選り好みセンス考えている 博識も限界突破 私が余分に弱くなって
6 ピカロああ 遜って 鈍くなって 慰楽なんてないよ
7 19もうちょっとはやく走れたらいい もうちょっと長く

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW野球
くるり

♪ギータ かっ飛ばせよ バース か
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.