空白ごっこ「選り好みセンス」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 空白ごっこ > 選り好みセンス 歌詞

選り好みセンス / 空白ごっこ
Amazonで見る

「選り好みセンス」歌詞

歌手:空白ごっこ
作詞:セツコ
作曲:セツコ


考えている
博識も限界突破 私が余分に弱くなって
猫の毛が抜け落ちる 嫌なこと十二等分にしてさ
コーヒーと混ぜても 溶けなかった

傲慢な態度の奥 ラーメン屋の鍋の底
お澄ましな心のサイド
抗わせて

寡黙なセンスに乗った 潰したブーツを好んだ
近づく距離にも気がつかないの?
浮つくセンスに乗った 思った通りと思った
のならばわたしに悪いと思って欲しいよ

大事件などもういらない
豊かさのためのツールが欲しいよ
ルーツ探検器なんていらない
豊かさのため
あなたといたい

寡黙なセンスに乗った がさつなループを嫌った
夜の長さに気がもたないよ
頼れぬセンスに乗った 避けられないと思った
合わせの末から
逃げ出して

寡黙なセンスに乗った 拙いリード好きだった
離れる距離にも気がつけないの?
ちんけなセンスに乗った 思うままの子と思った
のならばわたしに悪いと思って欲しいよ


アルバム「A little bit」収録曲


空白ごっこの人気ランキング

空白ごっこの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.