THE BACK HORN「突風」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > THE BACK HORN > 突風 歌詞

THE BACK HORN「突風」のCDジャケット
Amazonで見る

突風

歌手:

THE BACK HORN


作詞:松田晋二
作曲:菅波栄純・岡峰光舟


心がモノクロームに侵されたあの日から
分厚い雲は晴れない
 
過ちという名の雷響く
甘い蜜月は終わりを告げて
 
張り裂けてゆく感情も この存在も消して
運命は悪戯な影法師
鏡のような世界で光見つけ合った
あの眼差しを
 
どうやらこの人生は突風が過ぎ去れば
全ては死ぬまでの余剰
 
償いという名の暇潰しだろう
時の流れにこの身を委ね
 
しらけてゆく魂を 抱いたままで踊れ
命が僅かでも望むなら
頼りない朝焼けが味気ない日々を
ただ照らしてく
 
後悔という名の土砂降りの中
愛しき声は届かなくなって
 
張り裂けてゆく感情も この存在も消して
運命は悪戯な影法師
鏡のような世界で光見つけ合った
あの人よ
 
消えない虚しさを 抱いたままで踊れ
誰もが風を待つ いつだって
人生を覆す突風吹き抜ける
その瞬間を

THE BACK HORNの人気ランキング

THE BACK HORNの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

ドライフラワー / 優里
真っ白 / yama
Laststep / tricot
58cm / aiko
宛名のない手紙 / 和楽器バンド
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.