和楽器バンド「宛名のない手紙」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 和楽器バンド > 宛名のない手紙 歌詞

和楽器バンド「宛名のない手紙」の歌詞を収録したCDジャケット画像

宛名のない手紙

歌手:和楽器バンド
作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子

歪みだらけのこの街で
何を見出せというのか
もうこのまま朽ち果ててしまいたいなんて
自暴自棄の今日も此処に身を鎮める

木々が擦れて奏でるリズムと
湿る芝生の香りに抱かれて
都会に潜むオアシスに寝転び

ビルを繋ぐうろこ雲はやがて
不気味な風に押し流されてく
不協なカラスたちのオーケストラ

例えば一つだけ言えずにいた
言葉をしたため送るとすれば
夜の帳降りる頃筆をとり抗う
空の声 探してた

手紙はまた 宛名もなく
今年もまた 君を消して
帰ってきて 帰ってきて
三十年後、共に生きてた夢

死に物狂いに仮想の愛へ
羞恥を捨てた過剰な奉仕を
幼い雑念は穢れゆくまま

野望に暮れた目の下は青く
親に向ける顔もなく溺れた
誰の為産まれ誰の為生きる?

地上に満ちてく赤い点滅
蟻地獄へまた呑み込まれてく
焼けに一つだけ瞬く星に身を重ね
すすり泣く声 殺した

手紙はまだ 綴り続け
私はまた 君を呼んで
どうか生きて どうか生きて
四十年後、皺を撫で合う夢

それは人と
人の闇と
愛の垢を
落とす気怠さを

手紙はまた 宛名もなく
今年もまた 君を消して
どうか生きて どうか生きて
五十年後、共に息絶える夢

アルバム「TOKYO SINGING」収録曲


「宛名のない手紙」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

和楽器バンドの人気歌詞

1 情景エフェクター手を離したら 行ける気がしていたの 思い出がまた
2 生命のアリア揺れる鬼灯、淡き夢に 瞬く生命のアリア
3 戦-ikusa-固く誓った 折れない想いなら ここにあるだろう
4 なでしこ桜朝焼けの霧に滲む 囁く彼方の声 夢が覚め遠く満ちる
5 地球最後の告白をそして君が知らずに 幸せな灰になった後で 僕は今更
6 星月夜はらりひらり舞う 想い出、一つの恋 君に恋をして
7 Perfect Blueいつも何かを探していて 気付けないことが多すぎて
8 追憶風薫る並木の中を駆ける様な 思い出のひとつひとつを
9 鋼-HAGANE-霧刺す闇夜に そびえる城影 囚われし君の
10 風鈴の唄うたい空を泳ぐ 雲を止めて 雨を突いて 語りかける 僕は1人
和楽器バンドの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEWムーンライト
ジャニーズWEST

♪手を突っ込めばポケットの中 宇
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWAutomatic
ジャニーズWEST

♪Oh that's right You and me, we
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.