和楽器バンド「Eclipse」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 和楽器バンド > Eclipse 歌詞

和楽器バンド「Eclipse」の歌詞を収録したCDジャケット画像

Eclipse

歌手:和楽器バンド
作詞:町屋
作曲:町屋

刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
雷鳴と荒波の只中で

創造は水泡に帰した
過ちを重ね、悔いた人類が
見渡す景色こそディストピア
ゴフェルで組み上げよう

透明に透けてゆく躰
幻に魅せられる様な知覚だ
天使に触れられたユートピア
ゴフェルで組み上げよう

ここから聞こえるのはScreaming
嗚呼、主の導き
向かうEden

陽は陰った

刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
過ちを洗い流す様な
爪痕はLike a beautiful.
この胸に刻まれた
悲しみの記憶を
焼き付けて歩き出す新世界

見上げた月の満ち欠け
幾許の時間
巡る季節も通り過ぎてくから
生命は地上から絶え
あの日見た光の粒
星が彩る夜空瞬く
彗星はその身を
燃やしながら光るから
もう一度

世界に木霊すのはScreaming
嗚呼、主の導き
向かうEden

陽は陰った

刻は満ち重なって
燃ゆる烏木の炎
過ちを洗い流す様な
爪痕はLike a beautiful.
この胸に刻まれた
悲しみの記憶を
焼き付けて歩き出すこの道を

アルバム「TOKYO SINGING」収録曲


「Eclipse」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

和楽器バンドの人気歌詞

1 生命のアリア揺れる鬼灯、淡き夢に 瞬く生命のアリア
2 地球最後の告白をそして君が知らずに 幸せな灰になった後で 僕は今更
3 風鈴の唄うたい空を泳ぐ 雲を止めて 雨を突いて 語りかける 僕は1人
4 郷愁の空道端に芽吹く新緑が 葉を閉じて訪る夕暮れ
5 反撃の刃強かに燃える憎しみの中で 屍を乗り越え…
6 起死回生Fight! 喝! GO! 誰だって 怖くなって
7 オキノタユウ四角い窓の外秋深し 今年最初の霜が降る
8 そこにあるかも知れない・・・君に 逢いたい時だって どこか 逢えない気持ちがある
9 六兆年と一夜物語名も無い時代の集落の 名も無い幼い少年の
10 細雪綾なす樹々に降る細雪 満ちては欠けてゆく月の光
和楽器バンドの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEWないない
ReoNa

♪灰のない深いかげばかり アイの
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWもう少しだけ
YOASOBI

♪もう少しだけ もう少しだけ 踏み
NEW分かってないよ
WurtS

♪随分前にさ 出会ったあの頃、あ
NEWきらり
藤井風

♪荒れ狂う季節の中を二人は一人き
NEW1995
平井堅

♪緑色の涙 踊らせてくれよ 何もな
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.