阪本奨悟「宝物」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 阪本奨悟 > 宝物 歌詞

阪本奨悟「宝物」の歌詞を収録したCDジャケット画像

宝物

歌手:阪本奨悟
作詞:阪本奨悟
作曲:阪本奨悟・小名川高弘

からっ風 飛ばされた一枚の木の葉
願う先 届かずに ひらり舞い落ちる
心ない運命に 現在(いま)を重ねたりして

ただ時間だけが過ぎる日々
ポッケの奥の夢 捨てたくなるけど

ねえ いつから輝きを失くしたろう
ちっぽけなものになってしまったろう
いつでも誰かと比べられ 迷っては
あの宝物を忘れそうになっていく

馬鹿げてる夢話 笑うこともなく
「できるはず」 ただ背中 押してくれた君
違う道で今日を戦ってる
雑踏に立ち止まり ひとりじゃない そう思える

ねえ 僕らは何のため 歩いてくの?
掴みたい明日(あす)が手招きする
いつでも結果を求められ 評価され
周りの目ばかり気になっていたけど

ギターケース 背負う少年
真っ直ぐに 希望だけを宿す瞳で
目の前 過ぎていく

気付いたよ
ああ いつしか輝きを失くさせた
それは他でもない 僕だったよ
木の葉のように ささやかな力でも
心を燃やせば 輝くんだ

もう一度ほら ポッケの奥で
握りしめてみよう 情熱という宝物

アルバム「=+」収録曲


「宝物」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

阪本奨悟の人気歌詞

1 鼻声「優しいね」って言われた言葉に 本当の意味
2 しょっぱい涙何十回 何十回 君が背中押してくれた もうしょっぱい
3 恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜無言のまま時間だけ過ぎて 氷が融けて
4 HELLOそんなはずはないさ それはわかってる
5 ながれ歩けば歩くほどに 傷はまた増えていくよ
6 無限のトライ踏みしめたグラウンドには 背を向けていた憧れ
7 永炎夢を語り合う制服の少年二人
8 太陽ランナー描いた夢 掴むのは簡単じゃないって分かってるけど
9 パラレルな関係何度でも 何度でも その手 差し伸べてくれた
10 砂漠のレースオフィスに散撒かれた謎の噂 最悪なレッテル
阪本奨悟の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWCry Baby
Official髭男dism

♪胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチ
NEW
Ado

♪半端なら K.O. ふわふわしたいな
NEWないない
ReoNa

♪灰のない深いかげばかり アイの
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
NEW愛を知るまでは
あいみょん

♪いざ、手のなる方へと 導いたの
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWもう少しだけ
YOASOBI

♪もう少しだけ もう少しだけ 踏み
NEW分かってないよ
WurtS

♪随分前にさ 出会ったあの頃、あ
NEWきらり
藤井風

♪荒れ狂う季節の中を二人は一人き
NEW1995
平井堅

♪緑色の涙 踊らせてくれよ 何もな
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.