長保有紀「思い出に抱かれて」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 長保有紀 > 思い出に抱かれて 歌詞

長保有紀「思い出に抱かれて」の歌詞を収録したCDジャケット画像

思い出に抱かれて

歌手:長保有紀
作詞:かず翼
作曲:徳久広司


あんたの寝顔も これで見納めや
始発電車の 音が聞こえてる
平気な振りして 別れてあげるのが
私(あたし)の最後の 愛やから
あんたには 明日(あした)があるわ
重荷になんて なりたくないよ
恋しさに負けそうやけど ドアを開け
思い出に抱かれて 歩き出すのよ

あんたに尽くした 日々のいとしさを
そっとバッグに 入れて出て行くわ
私のことなら 心配いらんから
あんたは夢だけ 追いかけて
誰よりも 好きやったから
私の涙 知らずにいてや
逢いたくてひとりの夜は つらいけど
思い出に抱かれて 眠りましょうか

ゆるしてや さよならだけは
目を見てきっと 言えへん私
恋しさに負けそうやけど ドアを開け
思い出に抱かれて 歩き出すのよ

「思い出に抱かれて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

長保有紀の人気歌詞

長保有紀の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.