三月のパンタシア「サマーグラビティ」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 三月のパンタシア > サマーグラビティ 歌詞

三月のパンタシア「サマーグラビティ」の歌詞を収録したCDジャケット画像

サマーグラビティ

歌手:三月のパンタシア
作詞:40mP
作曲:40mP

教室がまどろんでいる 陽に焼けたノート 答えのない問題
あいまいな日常風景 君の輪郭だけが鮮明
飲み切れないほどの日々 甘酸っぱいシェイク この夏限定の
油断していたら消えていく それは蜃気楼のように

きっとスタート合図はもっと前から鳴っていて
周回遅れの感情が今、目指すは水平線へ

もう夏の重力に体が溶かされないように海岸まで走った
不安も焦燥感も脱ぎ去って裸足で駆けてゆく
もう君の引力を抜け出すことはきっときっとできないから
夕景と群青が入り混じってるぐちゃぐちゃな空に
ただ叫んだ

ノイズ混じりのラジオ また最高気温 例年より上昇
前日比 0.3℃ 恋が熱くなったみたいだ
読みかけの推理小説 複雑怪奇 まだ謎は解けない
延滞できそうにもないよ 夏は立ち止まってくれない

ほんの少しだけの勇気と語彙力があれば
感動的なセリフでさ 伝えられたのにな

もう夏の重力に体が溶かされないように海岸まで走った
退屈な景色 昨日とは明らかに違う
もう君の引力を抜け出すことはきっときっとできないから
単純で難解な問いかけ 見つけたその答えを
ただ叫んだ

汚れたシューズで駆け出した衝動 一方通行
引き返すことはできない
君の想いより1秒先に波打ち際へ飛び込んだ

今、風に化けてゆく 錆びついた体・心 全身ゼロになって
何にもない日々を追い越して明日へ手を伸ばす

もう夏の重力に体が溶かされないように海岸まで走った
不安も焦燥感も脱ぎ去って裸足で駆けてゆく
もう君の引力を抜け出すことはきっときっとできないから
夕景と群青が入り混じってるぐちゃぐちゃな空を見下ろして

単純で難解な問いかけ 見つけたその答えを
ただ叫んだ

アルバム「ブルーポップは鳴りやまない」収録曲


「サマーグラビティ」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

三月のパンタシアの人気歌詞

三月のパンタシアの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.