三月のパンタシア「たべてあげる」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 三月のパンタシア > たべてあげる 歌詞

三月のパンタシア「たべてあげる」の歌詞を収録したCDジャケット画像

たべてあげる

歌手:三月のパンタシア
作詞:みあ
作曲:堀江晶太

カーテンを開けるとあふれる朝陽 「おはよう」の優しい声
焼きたてのパンの匂い ほら半分こしようよ

ありふれた景色の中にあふれていた
もがいて求めても気づけなかった

春の木漏れ日のように穏やかな毎日が
私のりんかくを撫で かたどっている
誰かを想うことは祈ることに似ていて
つないだ手に願いこめる このぬくもりが消えないように

とっぷり更ける夜のおしゃべり 窓の外で揺れる星
思ったよりも苦いコーヒー 響くふたりの笑い声

笑いすぎてこぼれる甘い涙のシロップ
乾いた胸の奥 そっと湿らす

君の鼓動の音にゆっくり耳澄ます
求めるばかりじゃだめと教えてくれた

ふたつの異なる心を重ねて軋んだところを
長い時間かけて擦り合わせることで
愛を知ったよ

春の木漏れ日のように穏やかな幸せが
私のりんかくを撫で かたどっている
君を悩ますものは私が何だって
すべてたべてあげるよ 今日も明日も これから先も

アルバム「ブルーポップは鳴りやまない」収録曲


「たべてあげる」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

三月のパンタシアの人気歌詞

三月のパンタシアの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.