三月のパンタシア「煙」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 三月のパンタシア > 煙 歌詞

三月のパンタシア「煙」の歌詞を収録したCDジャケット画像

歌手:三月のパンタシア
作詞:n-buna
作曲:n-buna

君の温度に触れた夜は
何処までも遠いブルーで
唇から覗いた白い煙が気になる

止まれないスピードで
冷めぬ夜の温度で
私の知らないものを全部教えて
さよならの彩度で
その煙の温度で
苦い味が忘れられないよ
口に残るように

冬の温度に震えた息は
真白に染まるようで
唇から覗いたそれが、煙草の煙に見える

君の温度で
夜のライブハウスで
私の知らない音を全部教えて
鼻歌で小さく
歪むほどに大きく
何一つも忘れられないよう
耳に残るように

冬の温度に揺らいだ
何処までも遠いブルー

止まれないスピードで
冷めぬ夜の温度で
私の知らないものを全部教えて
さよなら、ありがと
その煙の温度も
苦い味も忘れられないよ
口に残るように

アルバム「ブルーポップは鳴りやまない」収録曲


「煙」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

三月のパンタシアの人気歌詞

三月のパンタシアの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.