SLOTHREAT「氷面鏡」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > SLOTHREAT > 氷面鏡 歌詞

SLOTHREAT「氷面鏡」の歌詞を収録したCDジャケット画像

氷面鏡

歌手:SLOTHREAT
作詞:KAZ
作曲:克哉

白日に眠った雪は目紛しくて
氷面鏡に写る惨劇が瞳を射抜く
冷めた雫は白に混じることなく
まるで心を見透かされているよう

朱くなっていく手で掬った風花は
溶けて零れ落ちてしまうだけ

もう一度だけ影を追わせて
全てを奪ったあの日を許せないから
時の狭間に蝕まれても
忘れてしまうくらいなら破滅の先へ
The scars will never be disappeared where I go

無意識に綴った何気ない幻も
粉々に散らばって氷のように消えた
麗らかに魅せた蝶の戯れが
記憶の神経を萌芽させる

吸い込まれていく沈黙が煩わしい

愛の刻印を掻き毟り
愛の死骸を貪る

飽和していく未来が悲鳴を引き裂き
曖昧に醜さを辿るだけ

遠ざかる声追い求めても
熾烈に襲い掛かる現実があるから
どこへ行こうと荒む心は
もうすぐ憂い忘れて破滅の先へ

朦朧としていく意識の中で
突き刺す冷たさに甘えさせて

アルバム「THEMIS」収録曲


「氷面鏡」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SLOTHREATの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.