SLOTHREAT「躯謳」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > SLOTHREAT > 躯謳 歌詞

SLOTHREAT「躯謳」の歌詞を収録したCDジャケット画像

躯謳

歌手:SLOTHREAT
作詞:KAZ
作曲:克哉

縋らないと日々を生きられない
憐れむ夜が
君を連れ去らう
綺麗事並べ
空虚に身を委ねて
その手で深くへと堕ちていきたい

ねぇどうして?
これが夢ならば
幸せで終わるはずでしょ?
枯渇した愛には丁度いい
この街に毒された鼠は消えない

日が差したのに雑音が鳴り止まない
目を背けるのは終幕の合図
猫の皮を被っていたのわかってたけれど
君の声を聞いていたい

ねぇどうして?
これが嘘ならば
何もかもどうでもいいでしょ?
苦い思いだけが口に広がって
嘲笑う不興顔
時々胸を抉る言葉を
言えるのが
あまりに露骨すぎて
偽るのももう馬鹿馬鹿しい
ゴミを漁る鴉となんら変わらない

淀んだこの街はまるで屍にキスをしてるよう
綺麗に咲き溺れる価値なんてないから

アルバム「THEMIS」収録曲


「躯謳」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SLOTHREATの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.