日向坂46「この夏をジャムにしよう」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 日向坂46 > この夏をジャムにしよう

日向坂46「この夏をジャムにしよう」のジャケット画像

この夏をジャムにしよう

歌手:日向坂46
作詞:秋元康
作曲:pakorama


時間(とき)は
いつも
あっと
言う間に過ぎる
波が
引いた
ように
全てが消えた
今日までの砂浜の上

さっき
までは
もっと
楽しかったのに
日均け
だって
やがて
消えてしまうよ
太陽は一瞬の果実

できることなら針を止めたかった
Stop the time Stop the season
ずっとこのままでいたいと願ったのに
だけど また地球は回り季節は巡る
春夏秋冬(しゅんかしゅうとう)

この夏をジャムにしよう 思い出は甘くほろ苦く
海の匂いがする (匂いがする)
涙色の (涙色の)
キレイなガラス瓶
恋だってジャムにしよう ちょっぴり酸っぱかったけど
食べ切れないくらいキスだってしたし
冷蔵庫に入れよう

潮が
引いた
後の
貝殻のように
胸の
奥に
何か
埋まっているよ
サヨナラは永遠の痛み

夕陽に染まった海岸線と横顔に
I miss you So I need you
空に輝いてたあの日の一番星
やがて また数多(あまた)の星が 溢(あふ)れるけれど
あなただけ

大切なジャムにしよう このままじゃもったいないじゃない?
全部 取っておこう (取っておこう)
キラキラした (キラキラした)
最後の夏休み
大人っぽいジャムにしよう いろんな経験しちゃったし
スプーンで紙めたら秘密の味がする
イニシャルだけのラベル

ガラス瓶の
蓋を開けた時
絶対 思い出すわ
瑞々(みずみず)しい青春の
宝物

この夏をジャムにしよう 思い出は甘くほろ苦く
海の匂いがする (匂いがする)
ピュア過ぎた (ピュア過ぎた)
無添加の日々
恋だってジャムにしよう ちょっぴり酸っぱかったけど
食べ切れないくらいキスだってしたい
冷蔵庫に入れよう
イニシャルだけのラベル

アルバム「ひなたざか」収録曲


「この夏をジャムにしよう」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

日向坂46の人気歌詞

日向坂46の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.