日向坂46「ただがむしゃらに」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 日向坂46 > ただがむしゃらに 歌詞

日向坂46「ただがむしゃらに」のCDジャケット
Amazonで見る

ただがむしゃらに

歌手:

日向坂46


作詞:秋元康
作曲:古城康行


不器用なのはしょうがないだろう
欲しいものを欲しいと言えずに来た
今度くらいは自分自身に
負けたくはないんだと唇噛む
 
金木犀の香りを忘れはしない 絶対…
 
制服を脱ぐその日がやって来るまで
僕たちはこの道を走り続けるんだ
どれくらい前に進んだかもわからず
どこへ向かっているかさえ知らされてないけど
やるしかねえ
 
誰かに地図を貰えばいいと
大人たちは楽して行きたがるんだ
 
微(かす)かな光 遠く見ながら
辿り着くまでは愚直でいる
 
金木犀の花なんか見たことなかった あの頃
 
制服を着てどこまで走っただろう
夢を見たあの場所はもう近くなのかな
落ちるその汗を拭うふりしながら
類に流れる涙をさりげなく拭った
がむしゃらに
 
金木犀の季節に
そう思い出すんだ
坂道
 
制服を脱ぐその日がやって来るまで
僕たちはこの道を走り続けるんだ
どれくらい前に進んだかもわからず
どこへ向かっているかさえ知らされてないけど
やるしかねえ

アルバム「ひなたざか」収録曲


日向坂46の人気ランキング

日向坂46の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

赤いスイートピー English Version / 松田聖子
Grey / FOMARE
ポカリ伝説 / キュウソネコカミ
珪藻土マットが僕に教えてくれたこと / ヤバイTシャツ屋さん
君を通して / 雨宮天
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.