鬼束ちひろ「憂鬱な太陽 退屈な月」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鬼束ちひろ > 憂鬱な太陽 退屈な月

憂鬱な太陽 退屈な月 / 鬼束ちひろ

「憂鬱な太陽 退屈な月」歌詞

歌手:鬼束ちひろ
作詞:鬼束ちひろ
作曲:鬼束ちひろ


それは徒ら八月 今でも覚えている
きっと拙い汗が 君の我慢を泣かせた

僕等はそう 名前も知らないで
互いの包帯を外すの

憂鬱な太陽 ふざければ一瞬めいて
この夏が本当で 二人が偽物でも
退屈な月 振り向かせそうで 今 今
不機嫌に抱かれて

それは頑な八月 産声さえもあげずに
そっとさよならの空が 僕の焦り隠す

いつだってそう 名前も知らないで
互いの足取りをすくうの

憂鬱な最初 迷うなら一瞬めいて
この夏が偽物で 二人が本当でも
退屈な最後 気付かないふりで 今 今
不機嫌に焼かれて

灼熱の最初 彷徨えば最後でも
この夏が本当で 二人が偽物でも

憂鬱な太陽 ふざければ一瞬めいて
この夏が本当で 二人が偽物でも
退屈な月 振り向かせそうで 今 今
不機嫌に抱かれて


アルバム「HYSTERIA」収録曲


鬼束ちひろの歌詞ランキング

鬼束ちひろの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.