鬼束ちひろ「眩暈」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 鬼束ちひろ > 眩暈 歌詞

「眩暈」歌詞

歌手:鬼束ちひろ
作詞:鬼束ちひろ
作曲:鬼束ちひろ


何かに怯えてた夜を 思い出すのが非道く怖い
ねぇ私は上手に笑えてる?
今は貴方のひざにもたれ
悪魔が来ない事を祈ってる
ねぇ 『大丈夫だ』って言って
嘘みたいに私を 強く強く信じているから
 
貴方の腕が声が背中がここに在って
私の乾いた地面を雨が打つ
逃げる事など出来ない
貴方は何処までも追って来るって
泣きたい位に分かるから
分かるから…
 
残酷に続いてくこの路で
例えば私が宝石になったら
その手で炎の中に投げて
邪魔なモノはすぐにでも消えてしまうの
ガラクタで居させて
 
貴方の腕が声が背中がここに在って
私の鈍った本音を掻き乱す
気付きたくなんて無い
自分を振り切る自分を
何処まで走らせていればいい?
 
貴方に聞かせられるような
綺麗な言葉が見当たらない
卑屈になって叫ぶ私を
縛りつける前に
優しくなんかしないで
 
貴方の腕が声が背中がここに在って
私の乾いた地面を雨が打つ
逃げる事など出来ない
貴方は何処までも追って来るって
泣きたい位に分かるから
分かるから…
 
貴方の腕が 声が背中が 顎
ここに在って
貴方の腕が 声が背中が
ここに在って…

「ラ・パルレ」CM


鬼束ちひろの人気ランキング

鬼束ちひろの歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.